【フォントの間隔】文字が狭いのと広いのでは印象にどう違いがでる?

こんにちは、あまと(@amatoful)です。

文章で使用するのが文字で、その文字にはフォントというものがあります。

このフォントは文章のイメージを大きく変えるものでして、やわらかいイメージや固いイメージなどフォントによって大きく変えることができます。

中でも、フォントの間隔は狭いのと広いのではイメージに大きく違いが出ます。

とくにブログを書く上ではイメージがガラッと変わるので、そのブログにあったものにすることが重要です。

今回は、フォントの間隔によってどう印象に違いが出るのかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

フォントの間隔が狭いと広いので印象の違いは?

何度も言うようですが、フォントは間隔によって印象がガラッと変わります。

とくに僕のようにブログを書いている場合は間隔が重要だったりして、読者の方へのイメージを変えてしまうこともあります。

まずはフォントの間隔の違いでどう印象が変わるのかを見ていきましょう。

フォントの間隔が狭い

まずはフォントの間隔が狭いものから見ていきましょう。

フォントの間隔が狭いと元気でハキハキとした印象がでます。

間隔が狭いので、話していると早口になっているイメージですね。

フォントの間隔が広い

では、フォントの間隔が広いものを見てみましょう。

フォントの間隔が狭いとおおらかでのんびりとした印象がでます。

間隔が狭いのでのんびり話しているイメージですね。

フォントの文字の間隔の狭いと広いと中間をまとめてみた

では、フォントの間隔をそれぞれ比較して見てみましょう。

どれがどういうイメージになるか分かりやすいかと思います。

こう見ると一目瞭然ですかね。

なので、ブログを書いている方であれば元気良いブログにしたいのであれば文字の間隔を狭く、のんびりしたブログが良いのであれば間隔は広くすると良いですね。

とはいえ、今のブログは基本的にはカスタマイズをしなくても適度な間隔になっているので、無理に変えなくても割とベストだったりします。

アイキャッチ画像に文字を入れたり、文字を編集する上で参考にしてみてください。

まとめ

フォントの間隔は文字が狭いのと広いので、読む人によってかなり違う印象をあたえます。

なので、自分のブログの軸が分かればそれにあった文字間隔にすることが重要です。

ただ先ほども話しましたが、今のブログは基本的に適度な間隔になっているので無理に変える必要はないと思っています。

知識として知っておけば何かしら使えるときがくると思うので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です