電車で席取り合戦に必死な人は損してる!やめたらストレスフリーになった話

こんにちは、あまと(@amatoful)です。

通勤や通学している場合、1番多い移動手段は電車かと思います。

そしてその電車での移動時間が長かったり、始発で乗るとやりがちなのが席取り合戦です。

結論から言うと、僕はこの席取り合戦へ参加することをやめたらストレスが激減しました。

そして今では電車での席は座らないのが当たり前になってきています。

そんなわけで今回は、電車での席取り合戦をやめたらストレスが激減した話をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

電車での席取り合戦に必死な人が多すぎる

電車に乗ってて思うのが、席を取ろうと必死になる人が多いってことなんですよね。

必死というのをどのくらいかと言うと、後ろに並んでいるのに前の人を押しのけて座ろうとする人のようなことです。

かくいう僕も以前はその席取り合戦に参加していたメンバーでした。前の人を押しのけてまで乗ろうとはしてませんでしたけど。(笑)

この席取り合戦って、「ドアが開いた瞬間に誰よりも早く乗ろう。」とか「早く椅子の前にいかないと。」とかでかなり神経を使うんですよね。

しかも席をとろうとしてとれなかったときはめっちゃテンションが下がってしまいます。

そしてふとあるとき、「座ることに身体も精神も疲れてるんじゃないのかな。」と思ってしまったわけですよ。

そこで思い切って席取り合戦をやめたら、思った以上にノンストレスになりました。

僕は今では、始発で先頭に並んでたとしても座るのをやめています。

席取り合戦に参加しなくなっただけで劇的に変化しました。

席取り合戦に参加しないことのメリット

ストレスが減ったという話をして「それでも席に座りたい!」って思う人もいると思いますし、以前は僕もそうだったのでその気持ちは分かります。

こういうときは、席取り合戦に参加しなくて良くなるようなメリットを見つけることです。

メリットを知れば考え方が変わって、納得できるはずです。

では、これから席取り合戦に参加しないことのメリットについて紹介したいと思います。

ストレスが激減

まずはこれですよね。

一度味わうために座りたいところをグッと我慢して座らないようにしてみてください。

慣れると座る方がストレスになるくらいです。

電車と人生は切り離せないものになってきてますからね。電車のストレスがなくなると人生かなり楽になります。

ダイエットになる

電車で座ってる人と立ってる人の消費カロリーの差を知っていますか?

消費する差は約2倍違うと言われています。

1時間電車に乗っている人で立っていた場合、消費カロリーは100〜130kcalほどになります。

座っている人は50〜70kcalだそうです。

ダイエット効果があるとすると、同じ時間を使っているなら立っていた方がお得じゃないですか?

これを何日も何日も積み重ねるとkg単位で変わってきますよ。

腰への負担が軽くなる

座っていると腰に思っている以上に負担がかかっています。

立っていると上半身の重さを下半身全体で支えることができるのに対し、座っていると腰だけで支えようとするので負担になってしまうそうです。

今や4人に1人が腰痛である時代なので、将来の腰痛への影響を考えると立っていた方が安心です。

体幹が鍛えられる

これはもう一目瞭然ですよね。

座っているよりも立っていた方が下半身が安定するので、体幹を鍛えることにも繋がります。

座っていると筋肉が衰えるので同じ時間でも下半身の安定には差があります。

通勤や通学で電車を使う方はとくに差が出るので、立っていたほうが長い目で見て健康に良いわけです。

電車でのストレスから回避する方法

では、次に電車でのストレスを回避する方法を紹介します。

座らないで、これから紹介することに気をつけてベストポジションをとるようにしてください。

ドアの横に立つ

ドアの横は電車の中でも1番居心地の良い場所です。

4方向のうち2方向にもたれかかれますし、間違いなくここは安心できますね。

また、始発とかだと周りの人がまずは席に座ろうとするのでドアの横は高確率でとれます。

あと、出発駅から到着駅までのできればドアが開きがちでない方のドア横をとれたらベストです。

電車の先頭か最後尾に乗る

電車の先頭か最後尾は乗客がもっとも少ない場所なので満員のストレスはなくなります。

降車駅で改札から遠くなってしまうかもしれませんが、それよりも電車の中での余裕をもったスペースに乗ったほう得な部分は多いです。

混雑に比べれば改札が多少遠くても絶対に先頭か最後尾に乗った方が良いです。

また、先頭と最後尾は駆け込み乗車してくる人も少ないので油断しても大丈夫です。(笑)

イヤホンをする

イヤホンをすると自分の世界に入り込めるので便利です。

僕は音楽を聴かなくてもイヤホンをしています。いうなれば耳栓代わりのようなものですね。

基本的には僕は好きな曲を聴いたり、クラシック音楽を聴いたり、オーディオブックを聴いたりしています。

クラシックは普段聴かない方でも、電車の中で聴くとほのかな電車の揺れとクラシックで心が落ち着くのでおすすめです。

まとめ

電車での席取り合戦に参加しなくなったらストレスフリーになったことを紹介しました。

電車で席を取るために必死な人がかなり多くいますが、僕はそのおかげでドアの横に立つことができるので賛成だと思っています。

ぜひ電車での席取り合戦に疑問を感じている方は、これからは参加しないようにしてください。

思っている以上に立つのはしんどくないですし、一気にストレスフリーになりますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です